ホーム > 企業 > 大丈夫、借金は返せる!

大丈夫、借金は返せる!

破産の申し立てまでの期間は裁判というような法によった手続きは許されています。

 

とくに手順に進んで以降、申し立てまでに無駄な手数がかかる場合では債権者によって提訴されるリスクが増加します。

 

債権保有者サイドにとっては債権の返済もされないまま、かつ破産といった司法上の手続きもしないといった状況であれば団体内で対処をすることができないからです。

 

結局、裁判の後判定がもたらされるにしても申請者にお金を返金する力はないということです。

 

債権人もそれについては把握の上訴えなどの威嚇で期待通り和解にさせ返済させるとか借金者の血縁者に返済させることなどを狙っている状況もあります。

 

2005年の1月1日改正された新破産法のもと破産申請をすると差し押さえなど法律上の手続きの場合、効果を失うことになったのです。

 

そうなると、昔の破産法のケースと異なって訴訟行為などといったことをやっても無駄に終わる確率が高いので現実に訴訟行為をする債権人はまったく消滅すると思われます。

 

そういう観点でも、2005年の1月1日に改正されて破産申請はそれまでよりも申し込みやすくなったといえます。

 

支払いの督促によるケースにおいては、支払督促という言葉は裁判官が借金者に向かって残額の払込をせよという要請です。

 

一般の提訴をするケースとは別で、取り立て業者の独善的な発言をもとに行われていくため通常の訴訟のように時と裁判費用がかさまないので取立人がよく利用する手段です。

 

督促の要求があった場合、裁判所発送の手紙が来る運びとなって、通知が送られてきてから2週間が経過した場合業者は資産(給与債権なども含む)に差押え行為が実行できるようになってしまいます。

 

支払督促に対して異議を送ることが可能なら、一般の訴訟に変わることになると思います。

 

(補足)通常の審理は長丁場になりますので免責まで裁定がなされない可能性が濃厚になることに注意しましょう。


関連記事

  1. 大丈夫、借金は返せる!

    破産の申し立てまでの期間は裁判というような法によった手続きは許されています。 &...

  2. テスト

    テスト記事です。...